FC2ブログ

Scratch プログラミング#12【クローン機能を使ってみよう】

2学期の最初の授業はクローン機能を使ってシューティングゲーム作りました
burokku ko-do burooku.jpg 
クローンのブロックこの3種類使って

クローン機能利用して作る
クローン機能を応用してスプライトのクローンの確認

20190913_153010.jpg 20190913_153055.jpg

クローン機能を使った動作の確認
スプライトにマウスポインターが触れると消える
kuro-mm.jpg 

クローンを使ったシューティングゲーム 
プレイヤーの操作                             
syu-tennguge-mu.jpg  

ボールの動きの操作 
syu-tennguge-muboll.jpg

敵の操作
syu-tennguge-muteki.jpg

次回の授業はゲームの動作不十分な問題点の解決策を考えて色々な例を紹介

            
                     

スポンサーサイト



Scratchプログラミング#11 コーダイカフェ

夏休み明け最初の授業はコーダイカフェ(従来の白熱教室に代わるものです)でした。

先生の方針で白熱の議論をするのではなく、みんなから疑問を提示してもらい、情報、知識を集めて話し合うことを目的としました。

 P1150046.jpg
先生提案議題と教室からの提案から、次の2つを選びました。

 消費税10パーセントスタート

    軽減税率って?

    キャッシュレス決済でどうなる?

     皆さんは10月以降どうします?

   情報格差(デジタルディバイド)をどう埋められるか

P1150049_20190907164829a19.jpg 

 では

軽減税率とは、駆け込み購入について(家電、自動車、不動産、補聴器など)の意見や情報が出ました。

キャッシュレス決済について種類やその技術について解説があり、体験や失敗についての報告や意見が出ました。

また、安全性については新しいものほど安全性は講じられているが、全く安全とは言えない。

ワンタイムパスワードのような2段階認証方式を選んだり、クラウドでバックアップをとったりしてセキュリティーを高めておく必要がある。

 

では

インターネットなどの情報通信技術を使える人と使えない人の間に生じる格差ができる。

情報に遅れないためには常に興味をもって、自ら探して、取り入れて、身近なものにしておくこと。

 Yahooニュース IT関連やGoogleTwitterなどを常に検索したり、講座に参加して知識を高めておくことが大事である。

 

世の中の変化がより早く、激しくなっているのを実感する時間でした。

午後は懇親会を行いました。於KKR レストラン

P1150054.jpgP1150056.jpg






Scratchプログラミング#10 【計算プログラムを作ってみようの作成の答え合わせ】


一学期の最後の授業は、先回の「計算プログラムを作ってみよう」の答えを教えていただきました。
なんと4パターンプラスおまけ。そして授業の終わりにもうひとパターン。。

答え合わせ

「プログラミングの答えは一つではない」と先生はおっしゃっておられましたが、ついつい「正しい答え」を求めてしまう、昭和世代はたくさんの回答に、おろおろするばかりです。

ネコの質問
これがネコに、四則計算をさせるためのネコの質問プログラムです。
そして、次が「足す」「引く」「かける」「割る」のそれぞれのパターンに応じて答えを出すところのプログラムです。

プログラム

4つプラスおまけのパターン

基本的には、この形状が分かり易いのですが、先生が授業に持ち込まれたパターンは、

パターン1 リスト機能で簡単に。 特徴:「もし〇〇なら」のブロックを使っていない。演算子の入力に数字を用いている。   
     リスト機能を使って4つの計算式の答えを全て計算し、リストに代入している。
パターン2 パターン1に演算子の入力を加えたもの。  特徴:操作感は実際の電卓の流れに近い。
パターン3 リストは使わないで変数だけで作成。 特徴:操作感は実際の電卓の流れに近い。 バランスのいい作りかもしれない。
パターン4 変数を2つだけ使う。 特徴:入力の順番が実際の電卓と違う。 ブロックの組み立てとしてはかなりシンプル。
おまけ   スペースキーでリセット(スタート)する方法。

こんな感じです。

クラスメートの驚きのプログラム

そして、なんとプログラミング通のクラスメートが作られたものは、理解を超える内容でした。
そこまでの域に達せれるように、日々の努力を重ねたいと思いました。

IMG_1527[139]

写真は小さすぎてわかりにくいのですが、聞いてても分かりにくい、私にとっては高度なテクニックと察しました。
トホホ・・・・・・。

続きを読む

Scratchプログラミング#9 【計算プログラムの作成】

 今回の授業は、ここ迄の講義で学んできた機能を使って四則演算が出来る【計算プログラム】
を作り、演算処理により【
解答を表示するプログラム】を自分で組み立てるという内容です。
Scratchは「考えながら作る」「作りながら考える」ト
ライアンドエラーが随時行えるプログラ
ミング環境なので、様々ある制作方法の中から先ずは
プログラムの流れを考えながら、対応する
ブロックを組み合わせて試しながら進めてゆきます。

【計算プログラム】では四則演算の際の数式の表記は「たす」と「ひく」は一般的な表記と同じ
+ですが,「かける」と「わる」は / になります。今回は最初という事もありシンプル
な,たし算のプログラムを作る事になりました。

ねこが〇+〇は、とたずねます次にユーザーが考えた答えを入力すると、プログラムが判断して
合っていると「正解です」、間違っていると「残念まちがいです」と表示がでます。
  計算プログラム 1

  計算プログラム 2

このブロックの組み立ては、あくまで、シンプルな「計算ゲーム」ですが、ブロックを
変えたり、組み方を変える事で「解答を表示する」プログラムを作る足掛かりになれば
と思います。来週の授業内容も今週の続きとなり、みんな楽しみにしています。

今回は初めて創作の授業という事で、みんな試行錯誤の連続でしたが、2時間の授業は、
あっという間に過ぎたように思います。
午後のクラスミーティングはいつもどうり午前の復習と、コウダイジョイフルゲームズ
並びに、懇親会についてのミーティングをしました。

       IMG_20190719_130829 (2)

社会への参加活動(電気通信大学見学 四条畷キャンパス)

7月12日金曜日 今日は電通大の四条畷キャンパスの見学と授業体験
     四条畷キャンパス
電通大一年生によるトランプを使ってのゲームの授業体験
     DSC_1254.jpg      7-14.jpg 
みんな真剣に考えながらトランプを見ながら駆け引きをしながらトランプを選ぶ姿が年齢を感じ
させません。3チームのゲームをそれぞれ楽しく体験しました。
 
午後からスタジオ見学です。
動画 音量など編集する部屋            ピストルで襲撃ゲーム体験
DSC_1263.jpg DSC_1267_20190714151213e46.jpg
外国の景色と一体化してそこに居るように体験できるテレビなどでよく見るシーンで実際にそこの場所にいるシーンみたいな感じ。ただブルーが背景なので服他身に着けているものがブルー系だと背景が透けて見えているので薄い色赤はタブーで緑色が綺麗にマッチするそうです
DSC_1269.jpg       7-15-2.jpg

みんな初めての体験プロの設備のスタジオに感動して質問する人もいたり。ゲーム射撃体験はとても楽しそうでした。天気も良くまた見学したいです

 

 
プロフィール

79program2019

Author:79program2019

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR